学歴コンプレックス

初対面の人を知るための判断材料の1つに学歴があります。学歴とは個人が、どこの学校で何年間、何を勉強してきたかがわかる個人の歴史です。学歴は、就職や結婚目的で異性を探す時の最大の武器になります。日本の憲法では、教育を受けるのは中学3年までと規定されており、その先の高校や大学へ進学する義務はありませんが、現在では4年制大学と短期大学をあわせた進学率は50%以上になっています。

日本でこのように大学への進学率が高いのは、学歴により給与に差があるためです。中卒で働き始めた人の方がキャリアは長くなるのに、給与面ではこの人たちは最低ランクの待遇しか受けられません。一方で高校、大学へと進学し、勉強に励んだというよりは、アルバイトやサークル活動に精を出した四大卒学生は、給与面で最高の待遇を受け、そして管理職への出世、実力があれば役員、社長に就任することも夢ではありません。

このような就職を取り巻く現状のために、大半の学生が大学進をしています。しかし大学を卒業したからといって必ずしもバラ色の人生が待っているわけではなく、大卒生達は出身校により先輩社員たちから区別されるのです。偏差値の高い大学を卒業していれば歓迎されますが、無名の大学なら相手にされないことも多くなります。徐々に成果主義へと人事考課はシフトしつつありますが、トップにでもならない限り周りの人全てに自分の価値を認めてもらうことは難しくなります。 このサイトでは、「学歴」という男性のコンプレックスの克服法について紹介します。

 

Copyright © 2014 学歴と男性のコンプレックス All Rights Reserved.